関東・関西を中心に4拠点を構え、東海道沿線を網羅 高品質の物流サービスをご提供します!

ENVIRONMENT

環境への取り組み(モーダルシフト)

イメージ画像

改正省エネ法が平成18年4月より施行されました。特に輸送量の多い荷主様(特定荷主)には、特別な義務がかかります。
弊社では平成19年4月より国土交通省推進事業(グリーン物流パートナーシップのモデル事業社)として認定され東京~大阪間の幹線輸送の一部をJR仕様31ft(大型車と同等サイズ)私有冷凍・冷蔵コンテナを導入し、トラック輸送から鉄道輸送に移行しました。

長距離幹線輸送における環境負荷低減、CO2排出量削減及び、交通渋滞の緩和に貢献し効率的な省エネ輸送が可能となりました。また、JR貨物ターミナル駅付近に東京は川崎に、大阪には舞洲に冷凍倉庫施設を設け、仕分け、保管管理を行い、二大都市間の輸送及び圏内の配送をしております。

省エネ効果

東京(タ)→安治川口
トラック輸送 鉄道輸送 削減量 削減率
輸送距離 559.8km 559.8km 0km
エネルギー使用量 7,315.3MJ 2,748.6MJ 4,566.7MJ 62.40%
CO2排出量 0.502t-CO2 0.123t-CO2 0.379t-CO2 75.40%
梅田→東京(タ)
トラック輸送 鉄道輸送 削減量 削減率
輸送距離 553.9km 553.9km 0km
エネルギー使用量 7,235.1MJ 2,719.6MJ 4,515.5MJ 62.40%
CO2排出量 0.496t-CO2 0.122t-CO2 0.374t-CO2 75.40%

このページのPDFデータをダウンロード

お問い合わせ・ご応募
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。